転居の準備|費用とサービスの釣合いを考えて引越しを行なおう

費用とサービスの釣合いを考えて引越しを行なおう

作業者

転居の準備

男女

すぐにすること

転居に関する手続きは、できることからコツコツとしておくと後で楽です。賃貸マンションの場合は、まず賃貸の解約手続きをする必要があります。解約手続きをする期限は契約で決まっています。引越しが決まったらすぐに管理会社や不動産会社に連絡するのがベストです。次にするのが引越し屋さんの予約です。自分で引越しをする場合は必要ないですが、遠距離なら業者を利用するのが普通です。引越し屋さんは全国各地にあります。500キロ以上の遠距離なら、小さな業者よりも大手の引越し屋さんが役立ちます。ただし、大手になると繁忙期は予約が取りにくくなるのが欠点です。早い段階から見積もりを取り、手続きを進めておくことをお勧めします。

荷物を少なくする

引越し費用は荷造りの段階である程度決まります。荷物が多いと、段ボールの数も多くなります。そうすると、運搬作業をするスタッフの数が沢山必要になります。また、トラックも小型よりも大型が必要になったりして、それだけ費用が跳ね上がります。運搬する荷物を少なくすることは、引越し費用を抑えるために欠かせないことです。普段なかなか捨てられないものを捨てるには、引越しはいいタイミングです。思い切って断捨離するのをお勧めします。古い大型家電は中古リサイクルに出し、転居先で新品に買い換えるという手もあります。家電は古いと燃費が悪く、光熱費がかかります。新しい家電にすれば燃費がよいので、新居での光熱費節約ができます。